賃貸と購入の違いについて詳しく丁寧に解説するサイト『住宅は賃貸?購入?』
賃貸と購入の違いについて詳しく丁寧に解説するサイト『住宅は賃貸?購入?』

住宅には自分で家を建てたり一戸建てを購入する場合と、マンションなどの賃貸住宅を借り
て住むケースがあります。
独身者は購入をあせらずに賃貸のほうがよく、特に女性は買わないほうがいいでしょう。
今は独身でも将来的に結婚するかもしれず、結婚すれば生活パターンが変わります。
結婚して二人もしくは家族と生活するとなれば、独身時代に買ったマンションでは狭くなる
かもしれません。
人によっては結婚相手の家に入るということになるケースも考えられます。
このサイトでは賃貸住宅と購入、それぞれのメリットデメリットについて解説しています。
家を買うか、賃貸にするか迷っている方のお役に立てれば幸いです。

ライフプラン

住宅に住むにあたり、購入も賃貸もそれぞれ一長一短があるので、どちらが得かということよりもどんな生活をするか、自分のライフプランに合わせるのが大切です。

賃貸マンションのメリット

いつでも引越しができるので、新築時から年月が浅い物件に住むことができやすく、収入に応じて賃貸マンションを変えることができます。

賃貸マンションデメリット

住宅が生涯自分のものになることはなく、そのために老後にも家賃を支払い続けていく必要があるというデメリットがあります。

定期借地権付き

定期借地権付き物件というのは、一定期間だけ借りた土地の上に建てられた建物を買う、というものです。

購入した場合

自分のお城を手にいれた、という喜びと将来までの安心感が得られ、賃貸よりも自分好みの広い空間を手に入れることができます。

賃貸住宅のメリット

住宅ローンに追われる心配もなく、頭金のようなまとまった金額も必要がない、維持管理の費用を払わなくてもいいなど、金銭面でも負担は軽いです。