賃貸と購入の違いについて詳しく丁寧に解説するサイト『住宅は賃貸?購入?』

●●●デメリット●●●

【賃貸マンションのデメリット】

住宅が生涯自分のものになることはなく、そのために老後にも家賃を支払い続けていく必要
があるというデメリットがあります。
無職になったり収入がなくなった時、あるいは高齢になると物件を借りにくくなります。
庭がないのもデメリットと言えるでしょう。

【PR】裁判の手続きをご紹介するサイト
http://saiban-e.com/


【賃貸住宅のデメリット】

家賃をずっと払い続けなければならないのに、生涯自分の資産にはなりません。
一戸建てとはいえ、賃貸ですと自由に室内をリフォームできません。
また家族向けの広い賃貸住宅は少なく、高齢者に部屋を貸すのも敬遠しがちです。

【賃貸のデメリット】

借りている物件ですから、当然勝手にリフォームはできず、間取りや住宅設備に多少の不満
があっても、使い続けなければなりません。
何十年と家賃を払い続けても、借りているだけですから自分の物にはなりません。
特に都市部ではファミリー向けの広い賃貸物件が少ないため、家族で住める物件が見つかり
にくいとも言われています。
子供の成長に伴い広い物件に移りたいと思っても、見つからないと辛いものがあります。
また物件を扱う業者は高齢者の入居については消極的なため、高齢になるにしたがい、賃貸
物件の確保が難しくなる傾向があります。
借りる側としても、高齢になると家賃の負担が重くのしかかってきます。

【マンション購入のデメリット】

マンション購入のデメリットには、建物が古くなっても住み続けなければならず、引越しが
できにくいということがあります。
収入が減っても対応しにくく、管理費や修繕積立金、駐車場代、固定資産税などの諸費用が、
ローン返済以外にかかるので負担は大きいです。
資産価値も下落する可能性があり、修繕費も数十年後に積立金が不足し、一括で負担が来る
場合があります。
1階なら庭が付いている場合もありますが、ほとんどの場合はベランダ程度です。

【一戸建て購入のデメリット】

一戸建て購入のデメリットは、やはりマンション同様簡単に引越しができず、古くなっても
住み続けなければならないというのがあります。
ローン返済以外にも固定資産税や修繕費などの諸費用が必要で、マンションほどではありま
せんが土地の資産価値が下落する可能性もあります。
シロアリ駆除や壁塗りなどのメンテナンスをする必要があり、維持するためにかかる手間も
多いといえます。