賃貸と購入の違いについて詳しく丁寧に解説するサイト『住宅は賃貸?購入?』

●●●購入と賃貸●●●

【ライフプラン】

住宅に住むにあたり、購入も賃貸もそれぞれ一長一短があるので、どちらが得かということ
よりもどんな生活をするか、自分のライフプランに合わせるのが大切です。
まだ自分の将来の展望が見えてないという人は家を購入するのは少し待ち、ライフプランが
固まるまではお金を貯め、頭金の準備をするのも1つの方法です。
ここでは購入した場合、賃貸した場合のそれぞれのケースについて解説します。
次ページ以降では、各ケースでのさらに詳しいメリット、デメリットを解説いたします。

【購入した場合】

自分のお城を手にいれた、という喜びと将来までの安心感が得られ、賃貸よりも自分好みの
広い空間を手に入れることができます。
しかし長期のローンを抱えることになるので、転職などの変化に対応しにくくなります。
家を購入後、ローン途中での買い換えは不利になるので覚悟しておきましょう。
結婚して子供が生まれ手狭になった、親が高齢になったので親の近くへ住むことになった、
などとやむなく転居することもあるかもしれません。
購入した家を今度は売却しようと思っても、価格が下がって大きな損失を出したりなかなか
売れなかったりと、心配はつきまといます。
ただ資産価値がゼロになるということはよっぽどありませんので、老後に売却してそのお金
で将来有料老人ホームに入るというのも1つの方法です。

【賃貸の場合】

引越費用はかかってしまいますが、収入が減ったり勤務地が変わったといったときでも、軽い
フットワークで動きやすいのがメリットです。
気に入った物件が見つかるまで、常に新しい物件を求めて転々とするということもできます。
また、購入時の頭金のようにまとまった支出をしなくていいので、その分のお金を運用して
増やしていくということもできます。